鍋八農産について

鍋八農産の理念

  • 地域と密着した経営
    地域の環境に合わせた農作業を行っています。
  • 地域の人の評価・信用・反省を重視
    みなさまの評価をしっかりと受け止めて、反省・改善し、
    良いところは伸ばし、失敗は二度と繰り返さない。
    お客さまに信頼いただける農業をします。
  • 努力・工夫・勝つ
    いろいろな角度から経営を見つめ、利根に向上心を持って
    工夫・努力し続けます。
  • 安心・安全の米作り
    農薬・科学肥料の使用を減らし有機物をより多く使用し、
    生産者の顔が見える安心・安全な米作りに取り組んでいます。
代表取締役 八木輝治
代表あいさつ

鍋田町の「鍋」と八木の「八」を合わせて鍋八農産です。
地元の弥富市を中心に他市町村にわたって農作業を行い、採れたお米はスーパーや飲食店等に販売しています。
 肥料等の資材や栽培方法にこだわり、美味しく安心して食べられるお米作りを考えて農作業に取り組んでいます。 毎年スタッフ全員が個別で栽培方法を考え、個別で栽培試験を行い、食味等を確認し納得のできる米作りに向け努力しています。いろいろな方々に鍋八のお米を食べていただき、そして、いろいろな評価をしていただいて次年度の栽培に向けての検討課題に役立てています。
 お米作りに完成はないと思います。
 近年ではモミ殻や米ぬかを利用し堆肥を作って田んぼに散布するようになりました。またITを活用して栽培管理の徹底が出来るようになってきました。まだ他にもお米作りでやれることが沢山あると思います。
 鍋八農産では全員一丸となって新しい事にチャレンジし、これからの農業を考え常に前進し、安心・安全なお米を提供し続けるように頑張って行きたいです。

代表取締役  八木 輝治
  • 弥富地域農業機械銀行受託部会 会長 2012年~
  • JAあいち海部鍋田支店地区運営委員会 委員
  • 弥富市農政推進協議会 委員
  • 弥富市・愛西市「人・農地プラン」 委員
  • 拓実会、愛知農業法人経営者協会、愛知県稲作経営者会議 会員
  • 第45回日本農業賞「個別経営の部」大賞受賞
  • 第55回農林水産祭天皇杯受賞

※2017年4月現在

鍋八商品トレードマークのヤギさんです。

鍋八農産の取組み

  • エコファーマーの認定を受けています。
  • 農業ITツールで効率・安定化
  • 鍋八の仲間たち
鍋八農産は愛知県よりエコファーマー認定を受けています

土づくりの実施や化学肥料・農薬の使用低減を実践する環境と調和した持続的な農業、いわゆる環境にやさしい農業の推進は、全世界的に課題となっています。我が国では、平成11年7月に「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律」が制定され、たい肥等を活用した土づくりと化学肥料および化学農薬の使用の低減を一体的に行う「持続性の高い農業生産方式」の導入の促進がはかられています。
エコファーマーは同法律に基づいて持続性の高い農業生産方式の導入に関する計画を作成し、環境にやさしい農業に取り組む者として知事の認定を受けた農業者のことです。

  1. たい肥などを利用した土づくり
  2. 化学肥料を減らす取り組み
  3. 化学農薬を減らす取り組み

これら3つの取り組みを国や県が指定した技術を導入し、経営面積の5割以上で実践する計画の作成・実践が必要です。平成25年度末現在、愛知県では3,735の農業者がエコファーマーとして認定され、農産物の生産や消費者との交流会などを行っています。

鍋八農産では、

  1. 稲わらの全量すき込みによる土づくり
  2. たい肥などを利用した土づくり
  3. 有機肥料を使用した化学肥料の低減
  4. あぜ等の雑草を機械除草にした科学農薬の低減

これら4つの取り組みを計画し、平成18年11月にエコファーマーの認定を受けることができました。安全・安心についてこれまで以上に自身をもって消費者の皆さんへお米を提供できると考えています。

鍋八農産ではトヨタ自動車のIT管理ツール「豊作計画」を導入し効率的かつ
安定した農業を実践しています
  • スマホを活用しリアルタイムで情報を受発信

    GPSを利用しいつどこで誰がどんな状況にあるか見えるため、スムーズに作業が進んだ田んぼから作業が遅れている田んぼへ人員が補充できるので時間をムダにせず効率的に作業を進めることができます。
    効率的に作業を進めることによってできた時間は作業改善などに使いさらにいいお米を作る活動をしています。
  • 記憶でなく記録で見える化

    これまで紙で運用していた2,000枚を超える圃場台帳と300枚を超える白地図をはじめ、作業依頼書や作業日報などの大量の情報をデータ化。
    一元管理して見える化することにより各情報を連携させ活用しています。
    記憶に頼ることも多かった作業計画は過去の作業の統計から一番効率的なものを採用できていること、その作業総量を一人一人の作業者が認識することにより余裕を持って一つ一つの作業に丁寧に取り組めます。
  • ムダ・ムラをなくし経費節減

    更に、次の工程に合わせた計画的な作業を行なう事でムダの無い仕事が出来るようになり、
    春作業では育苗に関わる作業が25%削減、秋作業では10%削減出来ています。
    様々な経営指標が確認出来るので、次の年への改善に役立っています。
鍋八の仲間たち

作り手の顔が見えるのは安心の第一条件です。
明るくて元気いっぱいな、鍋八農産のメンバーを紹介します。
私たちがあなたの食卓までおいしくて安全な米をお届けしています。

  • 社長
    2017年度 YES I DO
    人の輪を広げる!
  • 淳子さん
    2017年度 YES I DO
    米ぬかコスメのラインナップを増やします
  • 浅井さん
    2017年度 YES I DO
    清・誠・美
  • 結喜さん
    2017年度 YES I DO
    家族サービスを増やせる様に頑張る
  • かげさん
    2017年度 YES I DO
    今年も健康!
  • 比佐雄さん
    2017年度 YES I DO
    反当り600kgチャレンジ
  • 慎吾くん
    2017年度 YES I DO
    マイホーム購入資金を貯める
  • 三輪くん
    2017年度 YES I DO
    子供をつくる
  • 竹内くん
    2017年度 YES I DO
    籾すりで失敗しないようにする
  • 成田くん
    2017年度 YES I DO
    一軒家を建てる
  • 将護くん
    2017年度 YES I DO
    結婚資金を貯める
  • わにさん
    2017年度 YES I DO
    趣味を見つける
  • 柏さん
    2017年度 YES I DO
    趣味を増やす
  • 西村くん
    2017年度 YES I DO
    耕起を田んぼがどんな状態でもキレイに起こせるようにする
  • ゆきえちゃん
    2017年度 YES I DO
    今年もジャニーズに元気をもらいながら女磨き頑張るわョ!!
  • みなちゃん
    2017年度 YES I DO
    健康に気を付けながら美味しいおはぎを作ります。
  • れお
    2017年度 YES I DO
    次の鍋八農産イメージキャラクターは頂きだワン!
  • 会長
    2017年度 YES I DO
    努力、苦労=達成 目標を持つ
  • フミエさん
    2017年度 YES I DO
    いつも皆から笑顔をもらって頑張ろう!!
  • さとみちゃん
    2017年度 YES I DO
    ダイエット頑張りながらいちじく作りに励みます。

会社概要(平成29年04月現在)

  • ●設立年月日 平成10年1月5日
    • ●役員 4名
    • ●従業員 13名
    • ●パート社員 10名
    • ●経営面積
         水稲作業受託 70ha
         水稲全面受託 140ha
         大豆作 18ha
         麦作 40ha
    • ●加工製造販売
         もち・おはぎ・赤飯・米粉パン・おにぎり 等

今までのあゆみ

  • 昭和37年 鍋田干拓入植
  • 昭和45年 相対による作業受託を始める
  • 昭和50年 弥富町機械銀行発足 オペレーターとして登録加入
  • 昭和54年 部分作業受託から全作業受託中心に
  • 昭和55年 海部津島農業機械技能者連絡協議会加入
  • 平成2年 愛知県稲作経営者会議発足 登録加入
  • 平成5年 熱田神宮農業功労顕彰
  • 平成6年 連坦化事業取り入れ 1集落で実現 約25ha
  • 平成10年 農業生産法人(有)鍋八農産設立(代表1名、役員4名、社員5名)
  • 平成11年 愛知県農業法人協会 登録加入
  • 平成17年 愛知県エコファーマー認定
  • 平成19年 第57回愛知県農林畜産物品評会にて「うるち玄米」で東海農政局長賞を受賞
  • 平成22年 第60回愛知県農林畜産物品評会にて「うるち玄米」で愛知県知事賞を受賞
  • 平成24年 『豊作計画』試験運用開始
  • 平成28年 第45回 日本農業賞「個別経営の部」大賞受賞、第55回農林水産祭天皇杯 W受賞
鍋八農産所在地
愛知県弥富市鍋田町稲山393番地の15
アクセス
  • ■東京方面より 伊勢湾岸自動車道 湾岸弥富ICを北へ5分
  • ■大阪方面より 伊勢湾岸自動車道 弥富木曽岬ICを北へ5分

ページの先頭へ